三井住友DSアセットマネジメント

SMBCグループの資産運⽤会社である三井住友DSアセットマネジメントの公式noteです…

三井住友DSアセットマネジメント

SMBCグループの資産運⽤会社である三井住友DSアセットマネジメントの公式noteです。皆さまのQOL向上につながる、資産 形成をもっと⾝近に感じられる情報をお届けします。 SNS利⽤規約 https://www.smd-am.co.jp/terms/sns/

リンク

ウィジェット

マガジン

  • サステナビリティ×投資の最前線!

    • 11本

    マガジン「サステナビリティx投資の最前線!」ではMoney for Good と大手資産運用会社である三井住友DSアセットマネジメントが共創し、ESG投資の最前線の情報をお届けします。投資において着目すべきポイントに加え、具体的な企業の取り組み事例などを解説いたします。

  • Be Active.

    サービスブランド「Be Active.」の背景や、投資信託の運用に携わる弊社社員の想いを更新していきます!

  • アクティブ元年・日本株ファンド

    直販専用ファンド「アクティブ元年・日本株ファンド」についての情報を発信いたします。

  • ファンドマネージャーが行く!

    投資信託を運用するファンドマネージャーの知られざる一面をお届けするため、仕事に密着しました!

  • 投資信託のこと、ちゃんと知りたい!

    投資信託をはじめて購入する方、既に購入したけど実はよくわからない方、必見!投資信託のキホンのキをお教えします!

最近の記事

  • 固定された記事

サービスブランド「Be Active.」の立ち上げ & プロスケーター堀米雄斗選手出演のブランデッドムービー公開中!

この度当社は個人投資家の皆さまに資産運用をもっと身近に感じてもらうことを目的としたサービスブランド「Be Active.」を立ち上げました! 「Be Active.」という言葉には、 「投資を通じて、社会・企業・人を アクティブにしていくことに貢献したい」 「アクティブ型投資信託(アクティブファンド)の魅力・価値を届けたい」 という想いを込めており、主に個人投資家の皆さま向けの情報発信で、「その一歩で、未来は変えられる。」というサブメッセージと共にタグラインとして活用し

    • 究極のクリーンエネルギー候補~ホワイト水素~

      提供元:三井住友DSアセットマネジメント(責任投資推進室 シニアアナリスト 穗坂 悠) ブラック、グレー、ブルー、グリーン。派生形として、イエロー、ピンク、ターコイズ等もあるようですが、クリーンエネルギーの主役の一つとされている水素は、その製造方法により呼び名が異なります。水素利用時は温室効果ガスは排出されませんが、製造時はその方法や使用する電力により温室効果ガスの排出量が大きく異なるため、色を使って区別されています。その中で、注目される区分が登場してきました。それが、ホワ

      • 体験型エンターテインメントイベント 『CHIMERA GAMES VOL.9』 に協賛いたします

        三井住友DSアセットマネジメントは、一般社団法人CHIMERA Unionが主催する『CHIMERA GAMES VOL.9』(5月18日(土)・19日(日)お台場特設会場)に協賛いたします。 協賛の背景 当社は、投資家の皆さまに資産運用を身近に感じてもらうことを目的として、2022年にブランド「Be Active.」を立ち上げました。 「Be Active.」という言葉には、「投資を通じて、社会・企業・人をアクティブにしていくことに貢献したい」「アクティブファンドの魅力

        • プロスケートボーダー堀米雄斗選手との所属契約を締結!

          三井住友DSアセットマネジメントは、スケートボード 男子ストリート初代王者である、プロスケートボーダーの堀米雄斗選手との所属契約を締結しました! 当社について 当社は、お客さまを第一に考え行動し、最高品質の運用パフォーマンスを提供するため、「Quality of Lifeに貢献する最高の資産運用会社へ。」という理念を掲げております。 健全な資産運用ビジネスを通じて、多様性に富み、活力あふれる社会の実現を目指しています。 2022年には、投資家の皆さまに資産運用を身近に感

        • 固定された記事

        サービスブランド「Be Active.」の立ち上げ & プロスケーター堀米雄斗選手出演のブランデッドムービー公開中!

        マガジン

        • サステナビリティ×投資の最前線!
          11本
        • Be Active.
          17本
        • アクティブ元年・日本株ファンド
          17本
        • ファンドマネージャーが行く!
          8本
        • 投資信託のこと、ちゃんと知りたい!
          17本
        • イベント情報
          19本

        記事

          実効性のあるエンゲージメントとは?~AIにはまだ負けない!~

          提供元:三井住友DSアセットマネジメント(責任投資推進室 ESGアナリスト 小出 修) 近年、ESG投資の普及に伴い、ESGスコアの重要性が高まっています。ESGスコアとは、企業によるESG活動の取り組み度を示す指標です。数値化しづらいESGに関する情報を可視化したESGスコアがあることで、投資家は効率的に投資先企業のESGの取り組みを比較検討することが可能になります。このレポートでは、当社独自のESGスコアと、スコアを活用したエンゲージメントについてご紹介します。 国内

          実効性のあるエンゲージメントとは?~AIにはまだ負けない!~

          「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会のQ&Aを大公開!《PART3》

          3/6(水)に「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会を実施しました! 今回は、お時間の関係で当日お答えできなかった質問に回答いたします。是非最後までご覧ください。 ※以下、アクティブ元年・日本株ファンドを「アクティブ元年」、ファンドマネージャーを「FM」と表記します。 Q. 4名の中で意見が対立した場合、そのままポートフォリオに反映されるのでしょうか?それとも意見は何らかの形でまとめられるのでしょうか? >古賀FM 意見交換は常にしているなかで、各FMの

          「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会のQ&Aを大公開!《PART3》

          「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会のQ&Aを大公開!《PART2》

          3/6(水)に「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会を実施しました! 今回はその中で、皆さまからいただいたご質問と当ファンドを運用するファンドマネージャー4名の回答内容を一部公開いたします。是非最後までご覧ください。 ※以下、アクティブ元年・日本株ファンドを「アクティブ元年」、ファンドマネージャーを「FM」と表記します。 Q.アクティブファンドは、インデックスファンドに勝てないとよく言われていますが、優良なアクティブファンドを選ぶ基準は、どのようなも

          「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会のQ&Aを大公開!《PART2》

          「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会のQ&Aを大公開!《PART1》

          3/6(水)に「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会を実施しました! 今回はその中で、皆さまからいただいたご質問と当ファンドを運用するファンドマネージャー4名の回答内容を一部公開いたします。是非最後までご覧ください。 ※以下、アクティブ元年・日本株ファンドを「アクティブ元年」、ファンドマネージャーを「FM」と表記します。 Q.売買の判断に至るまでのプロセス、また、投資先企業を選ぶ上で定性的な情報として大事にしていることは何でしょうか? >古賀FM 当

          「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会のQ&Aを大公開!《PART1》

          人的資本を「可視化」しよう!

          提供元:三井住友DSアセットマネジメント(責任投資推進室 シニアアナリスト 木本 泰久) 統合報告書での人的資本開示の義務化が今年度よりスタートしたことから、人的資本への注目度が高まっていることを実感します。 近年、ESG投資(環境・社会・ガバナンスにおける非財務指標を考慮する投資)が一般化して来ましたが、これまでは環境(E)の気候変動対応への注目が高かった印象です。それが、2022年4月よりプライム上場企業に対して、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に準

          人的資本を「可視化」しよう!

          ファンドマネージャーが行く!Part8 ~FM 視点の現地調査レポート~

          今回の「ファンドマネージャーが行く!」では、「株式会社ニチレイ」での工場見学の様子をレポートします。 日本における冷凍食品のフロンティアカンパニーとして、研究開発・調達・生産・販売・物流の能力をフルに活用し、お客様の役に立つ価値ある商品とサービスを提供し続けるニチレイ。 今回はIR担当の方に生産拠点の1つである(株)ニチレイフーズ船橋第二工場を案内していただきました。 製品の生産工程や最新システムについて説明していただくとともに、現場の方のお話を聞くことが出来る貴重な

          ファンドマネージャーが行く!Part8 ~FM 視点の現地調査レポート~

          インド洋の海水温変化が日本の猛暑に影響?異常気象をもたらす「テレコネクション」

          提供元:三井住友DSアセットマネジメント(責任投資推進室 アナリスト 泉山 直哉) 気象庁は、2023年夏(6〜8月)の日本の平均気温が平年より1.76℃高く、1898年の統計開始以降最も高い値となったことを発表しました。 気候変動に関する研究が進む中で、異常気象をもたらす原因として遠く離れた別々の場所で観測された海水温や気圧などの気象データが互いに相関をもって変動する「テレコネクション」が注目されています。 気候変動は私たちの生活のみならず企業活動に多大な影響を及ぼ

          インド洋の海水温変化が日本の猛暑に影響?異常気象をもたらす「テレコネクション」

          運用会社との「信頼」が「長期投資」に繋がる その考え方の原点とは ファンドマネージャー 高橋 陽平

          アクティブに挑戦し続ける当社の社員を紹介するマガジン「Be Active.」。 第七回は、外部委託運用プロダクトを担当するグローバルパートナー運用部に所属し、「ドナルド・スミス米国ディープバリュー株式ファンド」、「バロン・グローバル・フューチャー戦略ファンド」の立ち上げから携わる、高橋ファンドマネージャーをご紹介します。 「猪突猛進」、行動力で仲間を巻き込んでいく 自分で言うのも何なので、私の性格を身近な人たちに聞いたところ、即答で「猪突猛進」と言われました(笑)。確かに

          運用会社との「信頼」が「長期投資」に繋がる その考え方の原点とは ファンドマネージャー 高橋 陽平

          ファンドマネージャーが行く!Part7 ~ 現地調査レポート編~

          ファンドマネージャーの現地調査に密着今回の「ファンドマネージャーが行く!」では、「日清オイリオグループ株式会社(以下日清オイリオ)横浜磯子事業場(横浜磯子工場)」での工場見学の様子をレポートします。 家庭で使用する食用油やドレッシング類をはじめ、チョコレート用油脂や化粧品用油脂など幅広い製品を製造・販売している日清オイリオ。 今回はIR担当の方に生産拠点の1つである横浜磯子事業場を案内していただきました。 製品の生産工程や開発技術について説明していただくとともに、実際の製

          ファンドマネージャーが行く!Part7 ~ 現地調査レポート編~

          「アクティブ元年・日本株ファンド」ファンドマネージャーのお仕事密着! 企業取材編~第二弾~

          三井住友DSアセットマネジメントnote編集部です。 今回は、直販専用ファンド「アクティブ元年・日本株ファンド」を運用する古賀ファンドマネージャーの企業への工場見学、取材訪問に密着しました。 今回うかがったのは日清オイリオグループ株式会社、横浜磯子事業場(横浜磯子工場)。 日清オイリオグループは食用油国内首位のシェアを持つ大手食品メーカーです。国内に4工場あるうち、横浜磯子事業場は最大規模の工場を含む事業所となります。 ▼事業場前に到着! 本館棟で事業場全体について説

          「アクティブ元年・日本株ファンド」ファンドマネージャーのお仕事密着! 企業取材編~第二弾~

          【3/6(水)開催!無料オンラインセミナー受付開始】運用状況や投資行動を運用担当者が生解説!「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会

          日本株の投資信託に興味がある方、「アクティブ元年・日本株ファンド」を保有いただいている方必見! 当ファンド運用チームのファンドマネージャー4名が、ファンドの運用状況や投資行動、投資銘柄等について詳しく解説いたします。また、Q&Aコーナーではファンドマネージャーが皆さまから事前にいただいたご質問に回答いたします! ※ご希望の方はセミナー申込フォームにて質問をご記入ください! 当ファンドを保有いただいている方はもちろん、年間3,000件の企業取材を行う日本株アクティブファ

          【3/6(水)開催!無料オンラインセミナー受付開始】運用状況や投資行動を運用担当者が生解説!「アクティブ元年・日本株ファンド」運用報告会

          【イベント開催レポート】 「まだ間に合う!新しいNISAの勉強会」(後編)

          2023年12⽉12⽇(火)に当社24階カフェテリアにて、東京証券取引所(JPX マネ部!ラボ)様との共同開催セミナー「まだ間に合う!新しいNISAの勉強会」を開催しました。前編では東京証券取引所・吉田氏による投資の基礎知識を学べるパートになりました。後編では当社デジタルマーケティング部水上による新しいNISA制度について、またつみたて投資の基礎知識について説明しています。ぜひ最後までご覧ください! 後編は当社水上の講演パートとなります! | 後半パート 講演者紹介

          【イベント開催レポート】 「まだ間に合う!新しいNISAの勉強会」(後編)