人生100年時代というトライアスロンを完走するために必要なこと
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

人生100年時代というトライアスロンを完走するために必要なこと

三井住友DSアセットマネジメントnote編集部の本木です。
私はトレイルランニングやアドベンチャーレースなど耐久系のスポーツが趣味で、ここ数年はトライアスロンを楽しんでいるのですが、実はトライアスロンと資産形成は共通点が多いと感じています。

今回はスポーツを通じて感じた資産形成についてお話しします。主に「これから資産形成を考えてみたい人」向けになりますが、少しでも皆様の"気づき"になれば幸いです。

トライアスロンの魅力

私はトライアスロン競技を行うのも観戦するのも好きです。最近は海外のレースをオンラインで視聴することができるのでライブ観戦しながらSNSの実況をチェックし刺激を受けながら休日には「泳いで、漕いで、走って」を組み合わせたトレーニングを行っています。家族時間を削らないように。

トライアスロンは、スイム(水泳)、バイク(自転車ロードレース)、ラン(長距離走)の3種目を連続して行う競技で、距離は一般的なオリンピックディスタンスだとスイム1.5km、バイク40km、ランニング10kmです。競技経験がない方には時間がかかるスポーツだと思われがちですが、プロのレースは2時間かからずゴールするため非常にスピーディーです。

観戦の魅力は、「駆け引き」です。トライアスロンレースはコンディションが会場や気候によって変わるため公式記録よりも順位が重視される傾向が強いスポーツで、ゴールする瞬間もビデオ判定となるような接戦が多いのも特徴です。

競技を行う魅力は、目標達成するためのプロセスが多岐にわたるため完走が挑戦的である事です。そもそもレースに出場するためには揃える物が多く、移動も含めると時間もお金もかかります。練習は走るだけでは足りず、泳ぐにはプールの営業時間を気にしなければならず、自転車はコース設定やメンテナンスも必要でエントリーも抽選があったり...と言い出したらキリがないですが、これら全てをクリアしゴールした瞬間の達成感は、また次の目標に向かわせる力となります。またレースは海や湖があるリゾート地で行われることも多く、日々の練習のモチベーションも保ちやすいです。コロナ禍においても、バーチャルサイクリングやトレーニング状況をシェアし競うことができるオンラインサービスなど、コミュニケーションの場も増えました。

人生100年時代というトライアスロン

世界一過酷なトライアスロンと言われる鉄人レース、アイアンマン世界選手権(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km)の最高齢完走の記録を持っている方は80代後半の日本人でなんと今も競技を続けておられます。また、身近でも寿命が伸びている事を実感するほど動ける高年齢者は多く、人生は長くなる一方です。この長いライフレース「LIFE100Y(レースっぽく命名)」を、トライアスロンの3競技に置き換えるならば「働く・遊ぶ・資産形成」です。

人生100年時代で例えるトライアスロンレース「LIFE100Y」は人生自体がレースでありトレーニングです。順に行うわけではなくいかにバランス良く完走を目指すか、個々にプランニングも変わってくると思います。もちろん全ての人にとって人生が長いわけではありませんが、100歳まで生きる想定をするならば、資産形成は必須の1種目だといえると思います。


あなたは水泳が得意?それともランニング?資産形成も個々に違う

トライアスロンでは水泳界出身の選手や陸上界出身の選手などそれぞれの種目において得意な選手がおり、トレーニングの各種目に費やす時間やレースの展開もそれぞれ違います。ただし、全く走らずにゴールできるトライアスロンのレースはありません。

同様に、人生においても仕事と遊びのバランスが人それぞれであるように、資産形成も個々に違って当たり前です。ただし、全く資産形成を意識せずゴールできるケースは稀だと思います。これから資産形成を考えている方に必要な事は「まず一歩踏み出すこと」です。人生100年時代というトライアスロンを完走するためにも資産形成を始めてみましょう。

当社では、投資経験者から未経験者まで様々な方を対象にオンラインセミナーを行っています。気になった方はチェックしてください。

★セミナー情報:https://direct.smd-am.co.jp/seminar/


最後に

福岡県大牟田市には「大牟田市人生トライアスロン金メダル基金条例」というユニークな条例があり100歳に達する高齢者に対し、金メダルが贈られるそうです。実際に100歳まで生きることは大変ですが、完走することができた暁には金メダルが欲しいと家族に伝えみたところ「お互い覚えていたらね」という回答が返ってきました・・・(笑)頭も鍛えておいた方がよさそうです。

★大牟田市人生トライアスロン金メダル基金条例
https://www.city.omuta.lg.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=2190&class_set_id=7&class_id=665


資産形成に関する様々なテーマで無料セミナーを開催しています。 是非お気軽にご参加ください! 👇次回セミナーはこちら

ありがとうございます!他の記事もぜひ読んでみてください!
SMBCグループの資産運⽤会社である三井住友DSアセットマネジメントの公式noteです。皆さまのQOL向上につながる、資産 形成をもっと⾝近に感じられる情報をお届けします。 SNS利⽤規約 https://www.smd-am.co.jp/terms/sns/